ジブリパーク

ジブリパーク入場料一覧(ジブリ大倉庫・どんどこ森・青春の丘・魔女の谷・もののけの里)

2022年11月に完成予定のジブリパーク。

日本のみならず世界のジブリ好きから注目されるテーマパークです。

今回はそのジブリパークについて、以下の点を紹介します。

  • ジブリパークの入場料一覧
  • ジブリパークの概要(営業時間・入場料・住所)
  • アクセス方法・最寄り駅
  • 各エリアの情報
  • 見どころ

それでは、早速見ていきましょう。

ジブリパークの入場料一覧

ジブリパークの入場料は、エリアごとに異なります。

ここでは、ジブリパークの入場料を一覧で紹介します。

ジブリの大倉庫 大人 平日 2,000円
休日 2,500円
子供(4歳~小学生) 平日 1,000円
休日 1,500円
どんどこ森
青春の丘
大人 1,000円
子供(4歳~小学生) 500円
魔女の谷
もののけの里
大人 不明
子供(4歳~小学生) 不明

エリアの内容や入場料を詳しく見ていきましょう。

ジブリの大倉庫

ジブリの大倉庫の入場料は、以下の通りです。

大人 平日  2,000円
土日休 2,500円
子供(4歳~小学生) 平日  1,000円
土日休 1,500円

ジブリパークのエリアの中では、最も注目度が高いエリアです。

東京都三鷹市にあるジブリ美術館の約3倍の広さで、スタジオジブリの展示物やカフェ、子供の遊び場、お土産店ができます。

食事や買い物をはじめとした複数のお店を楽しめるため、入場料が他のエリアと比べて高くなります。

ジブリの大倉庫は、天空の城ラピュタをはじめ、となりのトトロや借りぐらしのアリエッティの世界観が再現されたエリアです。

また、完全屋内施設のため、雨の日でも楽しむことができます。

公式Twitterには、子供たちが遊べる“ネコバスルーム”の写真が投稿されていました。

子供たちが大興奮すること間違いなしですね。

どんどこ森

どんどこ森の入場料は、以下の通りです。

大人 1,000円
子供(4歳~小学生) 500円

どんどこ森は、となりのトトロの世界観が中心となるエリアです。

2005年に造られた“サツキとメイの家”をはじめ、高さ5.2mにもなる木製遊具が設置されます。

どこか懐かしい田園風景や自然をそのまま活用したエリアとなります。

現在はサツキとメイの家を見ることはできませんが、過去の写真を見ると、家の中や細部まで再現された様子がわかります。

https://twitter.com/nekobeya35/status/1424542305692708868?s=20&t=AxaA8_q-_bMrAsjsMzzOVg

特に子供が楽しめるエリアになるので、晴れた日はどんどこ森で子供たちがたくさん遊べそうです。

青春の丘

青春の丘の入場料は、以下の通りです。

大人 1,000円
子供(4歳~小学生) 500円

どんどこ森と同じ入場料になります。

青春の丘は、ジブリパークの象徴ともいえる“エレベーター棟”があります。

耳をすませばや猫の恩返しに出てくる建物が再現されますよ。

耳をすませば、に出てくる地球屋の内部は、劇中と同じ設定で再現されるそうです。

映画で見たあのシーンを実際に見れるということで、多くの人が訪れるエリアになりそうです。

魔女の谷

魔女の谷は、当初2023年の開業を予定していました。

しかし、開業に向け遅れがあるそうで、現在は2024年3月に開業できるよう準備されています。

開業が遅れる理由ですが、エリア内にできる建物に使用する木材の準備が関係しているようです。

ですので、開業前ということもあり、入場料は未発表となっています。

しかし、どんどこ森や青春の丘が同じ入場料なので、魔女の谷も同じ入場料になるのでは?と予想されます。

大人 1,000円
子供(4歳~小学生) 500円

※入場料は予想です

ハウルの城をはじめとした様々な作品の建物が再現されますが、最も注目されているのは魔女の宅急便の劇中に登場する方“グーチョキパン店”です。

https://twitter.com/yolice_221B/status/1479104252060782594?s=20&t=hD2u4dPDzoF-JGnvN4yb-A

実際にパンが買えるので、年齢性別を問わず、多くの人に人気となりそうなエリアですね。

もののけの里

もののけの里は、2023年秋に開業予定です。

ですので、魔女の谷と同じく入場料は未発表となっています。

入場料を予想する場合、先ほどの魔女の谷と同じく以下の料金になりそうです。

大人 1,000円
子供(4歳~小学生) 500円

ジブリの大倉庫以外のエリアは上記の入場料なので、もののけの里も同じ料金になると予想されます。

もののけの里には、劇中に登場する“タタラ場”が造られる予定です。

タタラ場は体験施設になるそうですが、どんな体験ができるのかはまだわかりません。

※入場料は予想です

 

また、もののけの里の近くにはチケットがなくても利用できる迷路や大型遊具が設置されます。

小さな子供から学生まで楽しめるエリアとなりそうです。

ジブリパークの概要・アクセス

ジブリパークの概要はこちら。

  • 営業時間
    10時~17時(休日や長期休暇期間は9時オープン)休園日 毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は翌平日)
  • 入場料
    1,000円~2,500円(エリアや日にちにより変更)
  • 住所
    〒480-1342 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
    愛・地球博記念公園内(マリコロパーク)

営業時間は平日10時から、休日は9時からオープンです。

また、入場料はパーク内のエリアによって異なります。

ジブリパークへのアクセス

ジブリパークへのアクセス方法は下記の通りとなっています。

  • 車で行く場合
    東名高速道路・日進JCTから、名古屋瀬戸道路に分岐「長久手IC」東へ約5分
    もしくは東名高速道路「名古屋IC」から東へ約20分
    ※最新の駐車状況については【公式サイト】にて確認できます。
  • 電車で行く場合
    東部丘陵線(リニモ)
    『愛・地球博記念公園駅』下車
  • バスで行く場合
    名鉄バス
    『愛・地球博記念公園駅』下車

ジブリパークのチケット情報

ジブリパークの入場料は、パークによって異なります。

大人 子供(4歳〜小学生)
ジブリの大倉庫 平日 2,000円
休日 2,500円
平日 1,000円
休日 1,250円
青春の丘 全日 1,000円 全日 500円
どんどこ森 全日 1,000円 全日 500円

※上記はすべて税込み表記
※3歳以下は無料

いずれもチケットは事前予約が必要です。

予約は下記のサイトから、8月頃に開始します。

チケットの先行予約

チケットの先行予約は8月ごろから行われる予定です。

購入は、下記のサイトからできます。

各エリアの情報

各エリアの情報はこちら。

  • ジブリの大倉庫
  • 青春の丘
  • どんどこ森
  • もののけの里 2023年オープン予定
  • 魔女の谷 2023年オープン予定

全体図はこちら。


※公式サイト引用

各エリアを詳しく見ていきます。

ジブリの大倉庫

ジブリの資料など貴重な品々が見れる屋内施設です。

借りぐらしのアリエッティの世界観がイメージされた空間で、天空の城ラピュタの廃墟も見れます。

資料の展示だけでなく、遊び場やカフェ、売店などもあるようです。

千と千尋の神隠しに登場する飲食店街を再現したお店もあるそうで、ここで食事するのが楽しみですね。

青春の丘

公園の北口に位置し、天空の城ラピュタやハウルの動く城をイメージ。

さらに東に進むと、耳をすませばや猫の恩返しに出てくる建物があるようです。

https://twitter.com/ghibliparknet/status/1502485787274727426?s=20&t=I7LSXbEt1PIOAzXPuW_D5A

どんどこ森

どんどこ森の魅力は、となりのトトロの世界観が表現されているところです。

サツキとメイの家や、周辺の田舎をイメージしているのだとか。

また、裏山には木製の遊具「どんどこ堂」があり、小さな子供も楽しめるエリアとなりそうです。

もののけの里※2023年オープン予定

もののけの里は2023年にオープン予定。

名前の通り、イメージはもののけ姫。

タタリ神や乙事主(おっことぬし)といった主要キャラクターのオブジェがあります。

タタラ場は体験施設になるそうです。

魔女の谷※2024年オープン予定

こちらでは、映画内で魔法が使われる魔女の宅急便、ハウルの動く城、アーヤと魔女の世界観をイメージ。

キキの実家やアーヤと魔女で登場する魔法の家も。

さらにレストランや遊戯施設が誕生するとのことで、食事をする際におすすめのエリアとなりそうです。

ジブリパークの見どころ

ジブリの大倉庫はさまざまな空間やお店が楽しめるので、必ず足を運びたいエリアですね。

また、小さな子供がいる方には遊具が設置されているどんどこ森がオススメ。

もののけの里や魔女の谷は完成がまだ先となりますが、体験施設や遊戯施設ができるため、こちらも要チェックです。